春と修羅 第二集はるとしゅら だいにしゅう
序 この一巻は わたくしが岩手県花巻の 農学校につとめて居りました四年のうちの 終りの二年の手記から集めたものでございます この四ヶ年はわたくしにとって じつに愉快な明るいものでありました 先輩たち無意識なサラリーマンスユニオンが 近代文明 …
作品に特徴的な語句
ナイン ヤー 飾窓ショーウヰンドウ かは タシ げん モンペ ブラウ ルーノ をか ドヒ おが ヨン カルパ 白楊ドロ 高原はら 焦点フォカス 穹窿ドーム くゎん アーク グリーン 吹雪フキ かしま 弧線アーク 弾条バネ 接吻キス 汽笛フエ 翡翠かはせみ をどり ブラック 乾田カタタ つぐなひ 合図wink ぶち 枯草くさ 汽車こっち 洋傘かさ 湧水みづ オイノ へり 蒼穹あをぞら すがる すゑ くびす 面影アントリッツ 乾田かたた 分子モリキル くら 堰堤ダム 大豆まめ でら 巨杉すぎ 旱天ひでり 旱魃ひでり 曲線カーヴ 木綿ゆふ 栗樹カスタネア 桜草プリムラ 段階ステーヂ くも みづたまり 玻璃ガラス 目録カタログ 県道みち べに 虚空そら 虻蜂すがる 裂罅ひび 輪宝くるま 魚狗かはせみ 上流かみ 中空なかぞら めぐ あや 尖舌シタ やま 岩塩しほ ドア 斜子ななこ かさ 木炭すみ 校圃はたけ 法衣ころも 浮標ブイ 海霧ガス 湿田ヒドロ