“虚空”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こくう89.1%
そら5.8%
おおぞら1.3%
なかぞら1.3%
みそら1.3%
から0.6%
からっぽ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とうとうとムダ口をしゃべって大人見物をけむにまいた蛾次郎は、そこでヤッと気合いをだして、右手の独楽虚空へ高くなげた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ハハハハ、氷をべば水を得るのみ、花の虚空に留まらぬと聞いていたが、ほんとにそうだ。ハハハハ。どれどれにしようか、長話しをした。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
高坂は思わず足踏をした、草のがむらむらといで、花片がまたもや散り来る——二片三片虚空から。——
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
紫玉はしく三たび虚空を拝した。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
にそが黄金環虚空のみち
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
煙草入虚空であつた。自分體力滅切仕事をするのにかなくなつて、小遣錢不足じた自棄つたから斷然煙草さうとした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼は胃袋が虚空になったのを感じた。筆を置いて、両手で頭を支えると、自分の頭はまるで二つの柱に立てかけた地球儀のようであった。
幸福な家庭 (新字新仮名) / 魯迅(著)