“頂相”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうそう50.0%
ちんざう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頂相”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いちばん多い図は祖師像——達磨之図だるまのずである。達磨頂相ちょうそう蘆葉ろよう達磨など、この図はかなり多く現存している。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
欧洲大戦争の当時、彫刻家ロダンが、ロオマへ旅をして、法王の頂相ちんざうを刻んだことがあつた。