随筆 宮本武蔵ずいひつ みやもとむさし
古人を観るのは、山を観るようなものである。観る者の心ひとつで、山のありかたは千差万別する。 無用にも有用にも。遠くにも、身近にも。 山に対して、山を観るがごとく、時をへだてて古人を観る。興趣はつきない。 過去の空には、古人の群峰がある。その …
作品に特徴的な語句
よろ テン わる ある ゆく 少時やや はげ いとま たん まぶし アト おと タクミ 退 きり まをし あら なや さが 下手べた かたじけな 周匝すさい 被仰あふせられ ゆう いづ じゃく そう めい 累世るゐせい はん ぎょう 素人アマチュアー かい ひそか しば まわ かたわ いぬい おわ 何人なにびと 装束さうぞく しん 蘆葉ろよう 口賢くちさかし 確乎しっか ぷく おなじ がね 辰刻たつどき 折々をりをり ナラ よく なん たまき つぶ 書損かきそん がき かえ 尚々なほなほ 胎土たいど 鹿しし 恩寵おんちよう 罷出まかりいで 梁楷リヤウカイ 躊躇ちうちよ くら のう すぐ さめ かえりみ 覚書おぼえが かか かむ もと ことに つまびら たくら ひろ あた