“覚書”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おぼえがき91.7%
おぼえが8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“覚書”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
五百いお覚書おぼえがきるに、三百石十人扶持の渋江の月割が五両一分、二百石八人扶持の矢島の月割が三両三分であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
スクラトン裁判長が陪審ばいしん官に示した要点の覚書おぼえがきというのが、雄弁にこの犯罪の内容を物語っている。
浴槽の花嫁 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
それから数日後、舎弟が、東大図書室の蔵本中にある「新免家伝覚書おぼえがキ」の一部を写さしてもらうことで、かねてお願いしてあった鷲尾順慶博士をお訪ねするといって出かけた。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)