山の人生やまのじんせい
山の人生と題する短い研究を、昨年『朝日グラフ』に連載した時には、一番親切だと思った友人の批評が、面白そうだがよく解らぬというのであった。ああして胡麻かすのだろうという類の酷評も、少しはあったように感じ …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん 美濃みの 眷属けんぞく 海月くらげ 諏訪すわ 越後えちご 背戸せど 囲炉裏いろり 狐狸こり 閻魔えんま 闡明せんめい しば 人身御供ひとみごくう 銅鑼どら 秩父ちちぶ 馴々なれなれ 木挽こびき 木樵きこり 亜細亜アジア 岩魚いわな 混淆こんこう 苗字みょうじ さかい 失踪しっそう たに 一晩ひとばん むじな さば 茫漠ぼうばく 禰宜ねぎ 鬼魅きみ 眉目びもく 嫡子ちゃくし 縁起えんぎ 一筋ひとすじ 遮断しゃだん 俯瞰ふかん 年頃としごろ なし 屍体したい 仕来しきた せん 嶮岨けんそ 討死うちじに 厭世えんせい 沓掛くつかけ 呑込のみこ 布袋ほてい 菩薩ぼさつ 大工だいく しおり 此度このたび 注連しめ 渓川たにがわ 畏怖いふ 畸形きけい 畏敬いけい 美作みまさか 夜陰やいん 屡〻しばしば 山姥やまうば 床下ゆかした 暮方くれがた 汁粉しるこ 篠懸すずかけ 見廻みめぐ 隅々すみずみ 愛娘まなむすめ 心得こころえ 片輪かたわ 白山はくさん 谿たに 起臥きが 小賢こざか 擯斥ひんせき 見縊みく 座頭ざとう 折々おりおり 鍛冶かじ 下賤げせん 丹塗にぬ 儼然げんぜん 三河みかわ だん 御名みな 気紛きまぐ 痕迹こんせき 魁偉かいい 鹿島かしま 行末ゆくすえ 生霊いきりょう 偶〻たまたま 擾乱じょうらん 出奔しゅっぽん 真青まっさお 高麗こうらい 攪乱こうらん