山の人生やまのじんせい
山の人生と題する短い研究を、昨年『朝日グラフ』に連載した時には、一番親切だと思った友人の批評が、面白そうだがよく解らぬというのであった。ああして胡麻かすのだろうという類の酷評も、少しはあったように感じられた。もちろん甚だむつかしくして、明晰 …
作品に特徴的な語句
むつかし おる えん いわお やつかれ おおよ げん 打擲ちようちやく こわ とどま 大人おおひと 阿爺おとう そうろ おり 附添つけそ さが れん 誰人たれひと 何方いずかた やつかれ ひとつ ざい 数々あまた つかさど じょう おろ 勾引こういん うずく かたわ まもり かたわら おそれ おそろ 石城いしき いず さら がく とど いえども 其傍そのかたわら 大神おおみわ まっと いり すく わが なつか かしこ たまき あまん 足趾そくし つまびら ばかり 見廻みめぐ おろそ いみ しつ 心当こころあ 引懸ひっかけ 若子わかご たま 御面おんおも 御贄みあえ ことわ しゅ おうこ 東夷ひがしのひな きこ これ 殺生せつしよう つね 打棄うちす うれい 熊胆くまぎも 父子かぞこ 物好ものごの のぼ なま さる 申合もうしあわ あぜ 白石しろいし もく きょう わか むな 取出とりい 筋向すじむか 御山みせん えん 小木こき 小串こくし もとづ