“我”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
われ26.1%
23.1%
22.2%
わが16.8%
わし2.1%
1.5%
おれ1.4%
1.1%
0.8%
あれ0.5%
おい0.5%
おら0.5%
おの0.5%
わたし0.5%
ワレ0.5%
ひと0.3%
わたくし0.3%
0.3%
0.3%
おいら0.2%
てまえ0.2%
アートマン0.2%
エゴー0.2%
0.2%
プライド0.2%
ワゴ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゆゑぬるのありとも御愁傷さまとくつらさ他處目ひつらめ、さりともふしはしきろしきにたゝまつて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「さようさよう、申すまでもござらぬ。……が、萩丸様今日まで、を張って宥免状めませぬ。じゃによって殺そうと申すまでで」
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
うつくしき似合ぬは小學校通ひに紫袱紗にせし年上生徒喧嘩まけて無念じやうにちて
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
魚沼郡の内にて雪頽非命をなしたる事、其村の人のはなしをこゝにす。しかれども人の不祥なれば人名にせず。
杖に縋って早や助かれ。やい、女、金子は盗まいでも、自分の心がが身を責殺すのじゃわ、たわけ奴めが、フン。を頼め、膝を
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
角の質屋の旦那どのが御年始着だからとて針を取れば、吉はふふんと言つてあの兀頭には惜しい物だ、御初穂れでも着てらうかと言へば
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
桝組椽配りもがする日には我の勝手、どこからどこまで一寸たりとも人の指揮は決して受けぬ、善いも悪いも一人で背負って立つ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「これの鏡は、もはらが御魂として、吾が御前をくがごと、きまつれ。次に思金の神は、を取り持ちて、まをしたまへ
足柄の御坂み、くもりゆの底延へを、言出つるかも(万葉巻十四)
そ我が國に來て、び忍びかく物言ふ。然らば力競べせむ。かれまづその御手を取らむ一二」といひき。
今詫びたからとて甲斐はなしと覚悟して、太吉、太吉と傍へ呼んで、お前はさんの傍とさんと何処が好い、言ふて見ろと言はれて、らはおさんは嫌い
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「本当にそれが一番早道だア、とア、いつでも言ふんだけど、まさか、それも出来ねえと見えて、それを遣つて呉れる人が無えだ」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
第五番に、檜扇取って練る約束の、がお珊の、市随一のの姿を見ようため、芸妓幇間をずらりと並べて、宵からここに座を構えた。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は賊でございます。海賊赤格子九郎右衛門の娘本名お粂、今の名はお菊、すなわち殿様のご愛妾、お菊殿の一の乾児、海蛇の忠蔵とは私のこと。
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はだすゝきほに尾田のあかたふしの淡の郡にいます神あり(神功紀)
の折角洗つたものに何する、馬鹿めと突然に噛つく如く罵られ、癇張声に胆を冷してハッと思へば瓦落離顛倒、手桶枕に立てかけありし張物板に
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
も始より心には何とも思はぬ唯継に候へば、夫婦の愛情と申候ものは、十年が間に唯の一度も起り申さず、つて憎きのやうなる思も致し、其傍に居り候も口惜く、み果て候へば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
馬鹿野郎呼はりは太吉をかこつけにれへの当こすり、子に向つて父親讒訴をいふ女房気質れが教へた、お力が鬼なら手前は魔王、商売人のだましは知れてゐれど
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その音が上の語の語尾音と合して一音となることがある(荒磯—ありそ、—をのへ、—わぎへ、漕ぎで—こぎで)。
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
もさ、狒々巨蛇なら、片腕で退治て見せらあ。「だって天狗の片翼を斬って落すくらいなら、朝飯前だ。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もみじので、さしむかいに食べられた時を思いますと、もう、ここが
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仏性を波羅門の「」のごとくに解するものは、仏性の覚知を説く点において、右の消息を知らない。彼らは「風火の動著する心意識」を仏性の覚知と誤認しているのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
彼のシバルリイは「」を重んじて、軽々しく死し軽々しく生きず、我がシバルリイは生命を先づ献じて、然る後にシバルリイを成さんとするものゝ如かりし、己れの品性はくこと多からずして
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
美しさには心惹かれても、結局、美の根柢が自然を「」で変造したものなのである。
しまに天国を辞して奈落の暗きに落つるセータンの耳を切る地獄の風は! ! と叫ぶ。——藤尾は俯向ながら下唇をんだ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
A○やすみしゝおほきみの 恐也みはかつかふる山科の鏡の山に……(万葉巻二)