猫の蚤とり武士ねこののみとりぶし
「蚤とりましょう。猫の蚤とり!」 黒の紋付きの着流しに、長目の両刀を落として差し、編笠をかむった浪人らしい武士が、明暦三年七月の夕を、浅草の裏町を歩きながら、家々の間でそう呼んだ。 お払い納め、すたすた坊主、太平記よみ獣の躾け師——しがない …
作品に特徴的な語句
なりわい きたの 生活くらす 誘惑おびき ねたば ぶと あい おびや とっ かつ つくり いぶ おのれ から なまめ 身装いでたち おとな しわぶ いじ くつが 供人とも おやじ あぶ 尾行 なの あて 吃驚びっく うぬ 細作かんじゃ とざ よこし がゆ にな うご おぼ 彼奴きゃつ おのずか かな いぶか じし しつ こび わたし 天晴あっぱ がまち いまし しま 此奴こやつ 黒痣くろあざ 介添かいぞ かん 痲痺しび 雀躍こおど 魚屋ととや 何処いずこ 破壊こわ 其奴そやつ わし 虻蜂あぶはち 綺麗きれい 覚束おぼつか 痙攣けいれん 藪蛇やぶへび あい わら ふた あざ こも 菊女きくめ 草鞋わらじ 英邁えいまい 癇癖かんぺき 癇癪かんしゃく つや 船夫かこ かつ しゃく 直々じきじき みは つな 簾子れんこ ののし 粗忽そこつ