“此奴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こいつ75.5%
こやつ24.1%
きやつ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、題だが……題は何としよう? 此奴には昔から附倦んだものだッけ……と思案の末、と膝をって、平凡! 平凡に、限る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「ウム。よさそうじゃのう。此奴どもの方針は……国体にはらんと思うがのう、今の藩閥政府の方が国体には害があると思うがのう」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
見返りしに人影もなく丁度往來も途絶えしかばその邊にて殺さんと思へども此奴勿々の曲者なれば容易ひ難しれども幸ひ今宵はにてさはくらしにも遣過してと思ひ故意と腰を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)