“此奴等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こいつら78.6%
こいつ7.1%
こねやつら7.1%
こやつら7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
軒下あるいは塀の蔭よりばらばらと飛出して、お使番を引僵し、蹴って踏んでわして、「此奴等、人を乞食にしやあがる。へん、よしてもくりや、余計なお世話だ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今聞けば実に呆れて物が云われねえ奴だ、お母様誠に有り難うございまするが、あなたが親父へ義理を立てゝ、此奴等を逃がして下さいましても天命はれられませんから
此奴等れはぐつたこたりやしねえ、それにさうだにぎやがつて、五月繩奴等つてるもんだ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
へて駈付見れば是は如何に餘りし黒髮振亂せし廿四五歳の女と三十色白き男とつほぐれつ爭ひ居たしかば扨は此奴等色事喧嘩にてもなすかや併し見て居られぬとて漸々に双方
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)