“こいつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コイツ
語句割合
此奴88.5%
這奴2.6%
此女1.6%
此酒1.0%
此馬1.0%
此壺0.5%
女房0.5%
斯奴0.5%
此刀0.5%
此剣0.5%
此奴等0.5%
此娘0.5%
此服0.5%
此虎0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此奴は本当の悪魔ですよ、そのくせ恐ろしく頭が良いから、私も、もう少しでやられるところだった。皆さん、これを御覧なさい」
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「そうでがすよ。」と、七兵衛は首肯いて、「お前様よく知っていなさるね。這奴、若旦那を釣出そうと思ったって、うは行かねえ。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
誰でも可い、何をするとめりゃ、黙れとくらわす。此女取調の筋があるで、交番まで引立てる、は雀部じゃというてみい、何奴もひょこひょこと米搗虫よ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
唯僅かに菊正宗に雁行するものは、辛口な最上の白葡萄酒の中に罕に存するのみである。されば、僕の『飲めればよし』の『飲めれば』は『此酒は飲める』といふ意味の『飲めればよし』なのである。
書狼書豚 (新字旧仮名) / 辰野隆(著)
「いやになるなあ! ……あっ、おいっ、此馬はもう助からんぞ」
大谷刑部 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「へえ、此壺を妻恋坂へ届けせえすれア、とんでけえってめえります。また当分かくまっておもらい申してえんで」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「おウ、チョビ安といったな。此壺をちょっくら預かってくんねえ。あのたちに見つからねえようにナ、おらア、ぐるッとそこらを一まわりして、すぐ受けとりに来るからな」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
女房を連れ出すにも、なかなか、なんのかのと言い渋るので手拈ずッたが、俺の夢見に二タ晩も岳廟の神があらわれて、きょうまでの魔邪は水に流し、以前の夫婦仲を誓い直せと
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
固執しだすと斯奴くらゐ薄気味の悪い奴も無いもんだね、不思議に斯う顔の中へ泌みついてビクリビクリと蚯蚓みたいに曲りくねつて這ひ出すやうに思はれるのだ。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
おれは戦争と結婚しているんだ。この成吉思汗の恋人は、軍馬だ、弓矢だ、此剣だ! 敵の血だ! 砂漠の風だあ——! あははははは。
今聞けば実に呆れて物が云われねえ奴だ、お母様誠に有り難うございまするが、あなたが親父へ義理を立てゝ、此奴等を逃がして下さいましても天命はれられませんから
二人のでもフイフイっていうのは、まだ十七か八の初々しい聡明そうなをした、スンナリとした小娘でしたが、あっしに色目を使いはじめたのはドウヤラ此娘の方が先だったらしいんです。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「いけねえ、いけねえ。そんな服装で這入れるもんか。ここへ親分とこから一枚借りて来てやったから、此服を着るがいい」
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
成吉思汗 (その虎の頭を撫でて、大笑する)ははははは、お前たちに話したかな。おれは、此虎に、太陽汗という名をけたよ。
江戸を一歩一歩と離れるのは、それだけ故郷に対して一歩一歩としくもあるが、京へ一歩近づくほどに、がよくなるのは有難え。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)