竹藪の家たけやぶのいえ
——首縊つて死んぢまへ!お前が、さう言つたんぢやないか。早く首縊れつたら。莫迦莫迦莫迦ア!なぜ早く首縊らないのだ—— 家の裏手には一面に、はや年を経た孟宗のひつそりとした林が深い。朝朝の陽射しが水泡のやうにキラキラと濡れて、深い奥にもまばら …
作品に特徴的な語句
まじろぎ アテ カク ウチ 装飾よそおい おでこ しみ 将来さきざき うしろ ビッコ 吃逆シャックリ 戸外とのも つら 人群ひとだかり 彷徨さまよい 先刻さきほど 四辺まわり くち しばし かか 故意ことさら ゆる 枕頭まくらべ もの 後退あとじさり 起伏うねり 吃逆しゃく せい しずく 下手したて 温気ぬくもり めぐ せな 最中さなか ぶち 波頭ナミガシラ さす よじ 瞬間とき そよ 顔貌かおつき めん うしろ いじ くすぶ 明取あかりとり 饗応もてなし 服装みなり くだ まく ひし わず 扱帯しごきおび 今後これから 意識こころ しょ すみか 恍惚うっとり 梵妻ぼんさい たち 他処ほか 狼狽うろた 後退あとじさ 幸福しあわせ 瞿曇こども さき から すか たぎ いざ たけむら 全然すっかり よる ひと 孤独ひとり 終幕エピロオグ さき たいら 薄暗うすくら すす たる いぶ 客室サロン まなこ きのこ 空洞うつろ 眩暈めまい 老耄おいぼれ