“米搗虫”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こめつきむし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“米搗虫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「太郎虫と言いますか、米搗虫こめつきむしと言うんですか、どっちかでございましょう。小さなが、この虫を見ますとな、旦那さん……」
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
誰でも可い、何をするととがめりゃ、黙れとくらわす。此女こいつ取調とりしらべの筋があるで、交番まで引立ひったてる、わしは雀部じゃというてみい、何奴どいつもひょこひょこと米搗虫こめつきむしよ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)