“鼓豆虫”の読み方と例文
読み方割合
みずすまし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼓豆虫のやうにすい/\と天空を流れたり、時には孔雀の尾のやうに長い尾を引く慧星が現はれたりすることなどは、すべて動くものに生命を見出した太古の人にとつては
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
その間を無数の円タクが鼓豆虫のように縫い回るのであった。
或る嬰児殺しの動機 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)