“蟆子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶよ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、その花房にたかっていたらしい、無数の蟆子ぶよのような小さい羽虫が、花粉かのように舞い立ったが、日光の中に吸い込まれてしまった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それには百姓たちの名前が、まるで蟆子ぶよでもたかったようにぎっしり書きこんであった。