“蜉蝣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かげろう42.9%
ふゆう19.0%
かげろふ14.3%
ふいう9.5%
ひおむし4.8%
ふゆ4.8%
ぶゆ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蟆子蜉蝣や蜂が飛んでいたが、それらの昆虫の翅や脚などをも輝かせて、いかにも楽しく躍動している「春の魂」のように見せた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もしにして大王敗れたまわずして功成りたまわば、後世の公論、大王を如何の人とい申すべきや。巍は白髪の書生、蜉蝣微命、もとより死をれず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
何千万と数限なき蜉蝣が川の真中、幅三間位の処を、列を連ねて真白に飛び登り一時間か半もたちますると、早や流れ下りました。
政治の破産者・田中正造 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それから某君によりて昆蟲の標本を示され、美しい蝶、命短い蜉蝣の生活等につき面白い話を聞いた。の蔭うつ大學の芝生、アカシヤの茂る大道の並木、北海道の京都札幌は好い都府である。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
「そんなことはいやだ。こちらも氷魚とか蜉蝣とかに変わらないはかない人間だからね」
源氏物語:47 橋姫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
さばれとし生ける者、何かは命を惜まざる。に生れに死すてふ、蜉蝣といふ虫だにも、追へばれんとするにあらずや。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
く息あたかものごとしで、かッと鼬に吹掛ける。これとても、蜉蝣を吸うような事ではござらん、のごとき大物をせしめるで、垂々と汗を流す。濡色が蒼黄色に夕日に光る。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)