“薄羽蜉蝣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うすばかげろふ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薄羽蜉蝣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何故に彼がシルクハットと薄羽蜉蝣うすばかげろふといふやうな対照をひよつくり思ひ出したか、それは彼自身でも解らなかつた。
「今度生れ変る時にはこんな虫になるのもいい」或る時、彼はそれと同じやうなことを考へながらその虫を見て居るうちに、ふと、シルクハットの上へ薄羽蜉蝣うすばかげろふのとまつて居る小さな世界の場面を空想した。