熊の足跡くまのあしあと
勿來 連日の風雨でとまつた東北線が開通したと聞いて、明治四十三年九月七日の朝、上野から海岸線の汽車に乘つた。三時過ぎ關本驛で下り、車で平潟へ。 平潟は名だたる漁場である。灣の南方を、町から當面の出島をかけて、蝦蛄の這ふ樣にずらり足杭を見せた …
作品に特徴的な語句
あはひ わたし 阿母おかあさん おのづ ものい うしろ はた くろず かう つらま うご しやが きと わたり がう さあ たつた あたら 其樣そう 周圍めぐり 瀟洒さつぱり ざあ 蜉蝣ふいう 如何どう ごく いこ むす 曩日なうじつ 斯樣こんな 玫瑰まいくわい まいる くすぶ 薄荷はつか 加之しかも ちな 地楡われもかう したゝ 清水しみづ 洋傘かさ 巴形ともゑなり 水際みぎは おぶ 賑合にぎはひ かしは またゝ 丘上をかのうへ 彼人あのひと ぎい いきどほ 立上のぼ 荊棘けいきよく 茶店さてん 朦朧まうろう おく あわ 旭川あさひがは 倏忽たちまち くろ 藁苞わらつと 蝦蛄しやこ 淡路あはぢ 蟠居ばんきよ 一柄いつぺい 行脚あんぎや 黛色たいしよく 眺望ながめ 水草みづくさ 比布ぴつぷ またが 檞樹かしはのき 硫黄いわう 桔梗ききやう 磐城いはき 遊人いうじん 札幌さつぽろ 最早もう 青黝あをぐろ 七飯なゝえ さめ 附近あたり 巖角がんかく 岬角かふかく 岩木いはき 隧道とんねる 小樽をたる 雛妓おしやく 喇叭らつぱ かけ フイート 和寒わつさむ むら 大鰐おほわに かげ 鰹舟かつをぶね