“鰹舟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かつおぶね60.0%
かつをぶね40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伝馬は、仙台せんだい沖の鰹舟かつおぶねで鍛え上げた三上がともを押して、小倉が日本海隠岐おきで鍛えた腕で、わきを押した。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
鰹舟かつおぶねもうけたら、そのくらい訳なさそうなもんじゃないか」
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
鰹舟かつをぶねまうけたら、其位そのくらゐわけなささうなもんぢやないか」
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
鰹舟かつをぶねの櫓拍子が仄かに聞こえる。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)