“花吹雪”の読み方と例文
読み方割合
はなふぶき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鰹舟かつおぶね櫓拍子ろびょうしほのかに聞こえる。昔奥州へ通う浜街道は、此山の上を通ったのか。八幡太郎も花吹雪はなふぶきの中を馬で此処ここを通ったのか。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
シンミリと別れの言葉をいいのこして——そうでした——旅へでも立つように、名残を惜しんで、幾度いくたびも幾度も振り返りながら、花吹雪はなふぶきの闇の中へ
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
出立の時には蕾のふくらみかけてゐた櫻が、すツかり若葉になつて、花吹雪はなふぶき名殘なごりが少し見られるばかりであつた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)