“花弁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなびら83.5%
かべん14.1%
くわべん1.2%
はらびら1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハンカチイフもて抑へければ、絹の白きに柘榴花弁の如く附きたるに、貴婦人は懐鏡取出して、むことの過ぎしぞと知りぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
花下にある五萼片宿存して花後に残り、八ないし多片の花弁ははじめえ込み、まもなく開き、りを放って花後に散落する。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
狭い室内には、大きな二つの椅子と三つの画架、机、絵の具箱、カンヴァス、灰皿、大きな口のかけた壺のなかには、黒いダリヤが花弁をおとしてゐて、足のふみばもなかった。
秋は淋しい (新字旧仮名) / 素木しづ(著)
さあ、言わないことか、花弁の中へ迷込んで、め、いても抜出されぬ。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)