“はなびら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
花片39.8%
花弁34.9%
11.3%
花瓣5.4%
花葩2.7%
2.2%
2.2%
0.5%
花辨0.5%
葩弁0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生の別荘風の家は四角く肥えて一弁二弁、花片はなびらの端を外へくり返している薔薇のつぼみのように見えました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
くいしばっても、閉じても、目口に粉雪こゆきを、しかし紫陽花あじさいの青い花片はなびらを吸うように思いました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その一群の花弁はなびらは、のろくなったり、早くなったり、けれども停滞せず、狡猾こうかつに身軽くするする流れてゆく。
乞食学生 (新字新仮名) / 太宰治(著)
つま屋と名づくるのが、また不思議に貝蛸の小店に並んでいて、防風芹ぼうふ生海苔なまのり、松露、菊の花弁はなびら
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
目をつむると、好いにほひのするはなびらの中に魂が包まれた様で、自分の呼気いきが温かなもやの様に顔を撫でる。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
微紅ほのあかめたるまぶた耀かがやきて、いつか宿せるあかつきはなびらに露の津々しとどなる。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
董花すみれのかほり高きほとりおほはざる柩の裏に、うづたか花瓣はなびらの紫に埋もれたるかばねこそあれ。
さうして小さな薔薇を取り出して、その花瓣はなびらをひとひら毮つた。
濃くかぐわしい、その幾重いくえ花葩はなびらうちに、幼児おさなごの姿は、二つながら吸われて消えた。
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(蓮の花をむしりて、二人の前にその花葩はなびらを雪のごとくに敷く。)
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
と思うと、すらりとゆらくきいただきに、心持首をかたぶけていた細長い一輪のつぼみが、ふっくらとはなびらを開いた。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
星からつる露を、ずいに受けて、可憐のはなびらを、折々は、風の音信たよりと小川へ流す。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
にほひでせう」と云つて、自分のはなを、はなびらそばつてて、ふんといで見せた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
くちびるはなびらく程近くつて、強いまでいだ。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
はなびらごとに一聯いちれんあり。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
來たのは花辨はなびらか 白い雲の斷片かけら
谷が狭くなって、崖側を行くと、緩いながらも雪の傾斜で辷るから、ミヤマナナカマドの枝を捉えながら上る、前にも増した雪の断裂で、草鞋わらじに踏みにじった雪片は、山桜の葩弁はなびらのように、白く光ってあたりに飛び散る。
槍ヶ岳第三回登山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)