“わき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ワキ
語句割合
28.3%
23.8%
21.0%
16.1%
3.9%
1.1%
他家0.9%
他所0.6%
和気0.6%
0.5%
0.5%
他処0.3%
余処0.3%
座側0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
両側0.2%
他方0.2%
0.2%
和紀0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と客の前から、いきなり座敷へ飛込んで、突立状したのは、床の間の、欞子に据えた黒檀の机の上の立派な卓上電話であった。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
テナルディエはのポケットから、大きな灰色の紙包みを取り出した。種々の大きさにたたんだ紙が中にはいっているらしく見えた。
次郎は、の下を小さな円いものでつっつかれたようなくすぐったさを覚えた。彼はそれが万年筆であるということを、すぐ覚った。
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
荒い格子に瓦家根、右の方は板流し! 程よい所に石の井戸、そうかと思うと格子のに朝熊万金丹取次所と金看板がかかっている。
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「会社のものばかりなら何うでも構いませんが、からも大勢見えるのです。しかし御幣を担ぎますから、仰せに従いましょうかな」
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
姫様から、御坊へお引出ものなさる。……あの、黄金白銀、米、こぼれる、石臼重量が響きますかい。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五年以来だと思い込んでいた人から、特別の理由もないのに、急に断わられて、平気ですぐ他家へ嫁に行くような女があるものか。あるかも知れないが小夜はそんな軽薄な女じゃない。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「じゃ、己はこれから、一寸他所へ廻るから、間違のない様に来てくれ」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
秀吉のこのことばは、殺伐なる列のなかへ、かえって、一場の和気と、笑いとを、かもし出し、やがて
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
甲「うむ、主家にの事が有ったか其の方まえてるか」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
、何でも遊女に剃刀を授かって、お若さんが、殺してしまうと、身だしなみのためか、行水を、お前、行水ッて湯殿でお前、小桶ざましの薬鑵の湯をちまけて、お前、惜気もなく
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
年頃で無理じゃアねえから他処へ寄ったか、隠さずと云いな
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「なら可い、君に聞かんでも余処で聞くよ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
座側に置いた小包に横目をやつてゐた。
子をつれて (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
と、今夜主税の机のに、河野英吉が、まだ洋服の膝も崩さぬから
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大いに心組違ひしゆゑグツト云て暫時もなかりしが其儀は私しはまへ申さずと云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
申し付るこそ重役も左程目の無きものどもにもあるまじ殊に其の方が面體まで愚鈍者とも見えず是程のまへなきこともあるべからず是には何か仔細あらんとじり/\眞綿で首を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
左の手には雷居り、右の手には雷居り、左の足には雷居り、右の足には雷居り、并はせて八くさの雷神成り居りき。
またその矢河枝比賣が弟、袁那辨の郎女に娶ひて生みませる御子、宇遲郎女一柱。また咋俣長日子の王が女、息長眞若中つ比賣に娶ひて、生みませる御子、若沼毛二俣の王一柱。
此處らんとこにたのがだが、それつきり何處さかつちやつたな、それかられはあ、ようまづなんざあねえつちつてんだ」手先脊椎れた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
身體工合りいなんて、さうだ料簡だから卯平等やうねえ、此等ようまづだなんて、ようまづなんち病氣からんだから、なあにあねえだよ、でかうきおろすんだ、えゝか
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
杉田はむっとしたが、くだらんを相手にしてもと思って、他方を向いてしまった。実ににさわる、三十七のを冷やかす気が知れぬと思った。
少女病 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
香にほくる鉄の微塵や気色すら旋盤も人もししらずも
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
大雀の命は、食國の政執りもちて白したまへ宇遲和紀郎子は、天つ日繼知らせ
天の兒屋の命太祝詞言祷ぎ白して、天の手力男の神一六、戸のに隱り立ちて、天の宇受賣の命、天の香山の天の日影手次けて、天の眞拆として一七
目からぽろぽろ涙が流れて、抑えきれない悲しみが、遣瀬なく立って来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
いけないことだ。「我はその手にを見、わが指を釘の痕にさし入れ、わが手をそのに差入るるにあらずば信ぜじ」
散華 (新字新仮名) / 太宰治(著)