“遣瀬”の読み方と例文
読み方割合
やるせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよいよ湧起る妄想の遣瀬なさに、君江は軽くを閉じ、われとわが胸を腕の力かぎり抱きしめながら深い息をついて身もだえした。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
遣瀬の無い焦燥が全身を駈巡って、心臓が熱く激しく急速度の動悸を打出して来る。同時に頭部がって来る。続いて眩暈が来る。
彼を思ひ是を思ふに、身一つにりかゝるき事の露しげき今日此ごろ、瀧口三の袖を絞りかね、法體今更遣瀬なきぞいぢらしき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)