つゆのあとさき
女給の君江は午後三時からその日は銀座通のカッフェーへ出ればよいので、市ヶ谷本村町の貸間からぶらぶら堀端を歩み見附外から乗った乗合自動車を日比谷で下りた。そして鉄道線路のガードを前にして、場末の町へでも行ったような飲食店の旗ばかりが目につく横 …
作品に特徴的な語句
あから ヨウ さか はや よう ばた ひややか うれ きわま しかる あげ ぞめ まじわ なんに 所業しょざい おろ いず なまめか じき すげ あやまち いそが まわり じゅう じじ おち かかア たくわ れん あきらか ヤア まず しずか わき づれ くわだて ただち おさま すなわち かかえ あかる 一時ひとしきり せい しん うる にぎやか おぼえ こま そっ おき いで 怪訝かいが 入替いれかえ 目付めっ さわが はじ 纏頭ちっぷ ゆるが かしま 通過とおりすぎ 飛沫とばしり とば つつみ かご こまか およそ はい もく けん うごか 目覚めざめ ほとんど つくえ 迂回まわ 床板ねだ はた 孑然ぽつねん 豊艶ゆたか にぎわ もっとも もっとも うしろ ふり むこう すぎ いっ ねむり 喇叭ラッパ 知合しりあ ねじ つる よこたわ