“喇叭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らっぱ51.8%
らつぱ22.1%
ラッパ20.1%
ラツパ2.5%
ホンク0.5%
アンブシユウル0.5%
コルネット0.5%
トランペット0.5%
トロンペット0.5%
ビウレ0.5%
ホルン0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……といったような事をぎ喘ぎ云いながら水夫長は、寝台の上に引っくり返って、ブランデーをガブガブと喇叭飲みにしていた。
幽霊と推進機 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私の乗つてゐたAが、横須賀へ入港してから、三日目の午後、彼是三時頃でしたらう。勢よく例の上陸員整列の喇叭が鳴つたのです。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
かくてカミイル・デスモリンの熱烈なる雄弁はバスチル牢獄と苛酷なる政治とあらゆる伝習とを顛覆するエリコの前の喇叭であつた。
少数と多数 (新字旧仮名) / エマ・ゴールドマン(著)
で、先づ先輩からといふので、その蓄音機をかけると、尾崎氏の吹込演説は感冒を引いたやうなめた声で喇叭から流れて出る。
「自動車の喇叭を聞いて飛び出して来るのは旅館召使だけさ」といっておいて、急にコン吉の方に向き直り
陶製の喇叭、太鼓、白い北極熊、龍騎兵などの玩具と、リンネルや羅紗で作つた数枚の小児服、小さな頭巾にかはいヽ靴足袋、それからボン/\のつた大小の缶なんかであつた。
素描 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
行列の先駆を務めるのは、長い喇叭を持った凛々しき六人の騎士、その後に続くは白兎の毛で縁取りした、空色の天鵞絨の長マントオを着
上衣は、太陽、月、星などの模様に、提琴横笛竪琴喇叭六弦琴、そのほか、いろんな珍しい楽器の模様を交ぜています。
竜太郎の熱意にかかわらず、「銀の喇叭が三つついた自動車」の捜索は、全く失敗に終ってしまった。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
銅製の長大な喇叭太鼓銅鑼法螺貝、その他、ツァン、デンシク、ホレホ、ツェリニン等、珍奇な楽器をえた盛装の軍楽隊の一団が練り込んで来て、耳を聾する音楽が始まる。
樽野の部屋から朝夕朗らかな喇叭が響き渡るのを知つた青年代表が彼を訪れて管楽に関する教へを乞ふた。
村のストア派 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)