“笛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふえ88.3%
ぶえ5.4%
ふゑ3.6%
フエ1.8%
ビシダル0.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“笛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)8.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)2.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
光治こうじ学校がっこうからうちかえると、じいさんからもらったふえって野原のはらたり
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
そして、そこに、一人ひとり少年しょうねんくさうえにすわって、ふえいているのをました。
港に着いた黒んぼ (新字新仮名) / 小川未明(著)
ぶえをくちびるにてて、しきりと奇妙きみょうきてれつなちょうしで大人おとなをおどかしてゆく。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
口に葉ッぱをくわえているところを見ると、いま、ぶえを吹きながら、へんなでまかせを歌ったのもこの竹童にそういない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊達だてにはとほるほどの藝人げいにん此處こゝにせきめて、三味さみふゑ太皷たいこ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鹿しかはそれからみんな、みぢかくふゑのやうにいてはねあがり、はげしくはげしくまはりました。
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
」「」「」「フエ」「越え」「見え」「栄え」「え」等の「え」には延曳叡要など(乙)類の文字を用いて(甲)類の文字を用いることなく
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
乙の類 延、要、曳、叡、江、吉、枝、兄、柄(これは「」「」「」「フエ」「ヌエ」「吉野エシヌ」「キエ」「タエ」「コエ」等に用いられる)
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
銅製の長大な喇叭ビウレ太鼓ケンゲルゲ銅鑼ハランガ法螺貝ビシズンガルビシダル、その他、ツァン、デンシク、ホレホ、ツェリニン等、珍奇な楽器をかかえた盛装の軍楽隊の一団が練り込んで来て、耳を聾する音楽が始まる。