“木間星箱根鹿笛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
このまのほしはこねのしかぶえ66.7%
コノマノホシハコネノシカブエ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
○十一月、新富座の二番目に「木間星箱根鹿笛」を初演。神経病の怪談にて、菊五郎の娼妓おさよ、好評。
明治演劇年表 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
木間星箱根鹿笛」と云ふ脚本中の毒婦は色仕掛で欺した若旦那への愛想尽しに「亭主があるとけすけに、言つてしまへば身もも、ないて頼んだ無心まで、ばれに成るのは知れた事、 ...
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
此時、二番目の「木間星箱根鹿笛」に出る備前屋倅市松と言ふ役名が芝居番附における、彼の名の初見である。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)