“箱根霊験記”の読み方と例文
読み方割合
はこねれいげんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長さの甚だ足りない、不安定な、尻切れとんぼの、貧乏臭い箱が走って行くところは、『箱根霊験記』の主人公とその一族の自家用車とも考えられる。