虫干むしぼし
毎年一度の虫干の日ほど、なつかしいものはない。 家中で一番広い客座敷の縁先には、亡つた人達の小袖や、年寄つた母上の若い時分の長襦袢などが、幾枚となくつり下げられ、其のかげになつて薄暗く妙に涼しい座敷の畳の上には歩く隙間もないほどに、古い蔵書 …
作品に特徴的な語句
ヒラ きはま ヒト うづも シカ かはり 引掛ひつかけ づつ 牛肉ギウニク 一時いつとき 女房にようぼ ゑひ なくな 人民ジンミン まへ あぢは さだま あせ 憧憬しようけい 所以ユエン 繁昌ハンジヤウ 夕涼ゆふすずみ とど かく しを うた 遊君けいせい 髪結かみゆひ もと 今日けふ 仕出しだ でん ともな 器械キカイ かか 家中うちぢゆう なほ ゑが 最早もは 知識チシキ 築造チクザウ きか かはづ 言現いひあらは 記録ドキユウマン あた 返咲かへりざ 一人いちにん くだ 世間よのなか なか ナリ 今宵こよひ 其儘そのまゝ 博士はくし 口上こうじやう 大方おほかた 奥義あうぎ 尻尾しつぽ 幾代いくだい 所謂いはゆる ふる 挿入さしい さぐ 故意こい 文明ブンメイ 春水しゆんすゐ 春章しゆんしやう 本所ほんじよ 杞憂きいう 桔梗ききやう 洒落しやれ 深川ふかがは 清洒せいしや もら 狡獪かうくわい 玉章たまづさ はなはだ 生々いきいき 目覚めざま 矢張やはり しや 羅馬ロオマ 見倣みな 都下トカ 音曲おんぎよく しきり 万引まんびき うち 乃公おれ また 今日こんにち