“音曲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おんぎょく75.7%
おんぎよく18.9%
おんきよく5.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少しのある声で清元を唄っている人があった。音曲に就いてはまんざらのつんぼうでもない私は、その節廻しの巧いのに驚かされた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
げにも浮世音曲師匠るべきりいはれぬならねどつらきものは義理是非たれて此日午後より
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
江戸の鳥追といふは非人婦女音曲するを女太夫とて木綿衣服をうつくしくなし、ひ、編笠をかむり、三弦胡弓などをあはせ、賀唱をおもしろくうたひ、門々に立て銭をふ。