“編笠”の読み方と例文
読み方割合
あみがさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、思わず立ちどまると、女の方でも、はッとしたらしく、ついと編笠のつばへ手をやって、急に、そ知らぬ振りをするかに見えた。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
心に編笠を冠る思いをして故国を出て来たものがこの眼に見えない幽囚はろ当然のことのようにも思われた——孤独も、禁慾も。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
松山に渡った一行は、毎日編笠を深くして、敵の行方を探して歩いた。しかし兵衛も用心が厳しいと見えて、容易に在処をさなかった。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)