“編笠乞食”の読み方と例文
読み方割合
あみがさこじき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小屋頭を尋ねて、編笠乞食の身許を訊いたが、何うしても言はねえ。堅氣のが身を落したのは仲間の定法で元の名前は申上げられません。
「成程さう言へばその通りだ、——親分も知つて居なさるでせう、觀音樣の裏に居る編笠乞食
「旦那樣、平次から御聞きで御座いませう。越後屋の主人を殺し、手代に深傷はせた、支配人民五郎を擧げて參りました。淺草で編笠乞食の彌三郎を毒害したのも、此奴の仕業で御座います」