“小屋頭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こやがしら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小屋頭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小屋頭こやがしらを尋ねて、編笠乞食あみがさこじきの身許を訊いたが、何うしても言はねえ。堅氣のかたが身を落したのは仲間の定法で元の名前は申上げられません。どうせ、かうなつた身體だから、そんな事は何うでもいゝぢや御座いませんか。