“掘立小屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほったてごや76.9%
ほつたてごや23.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにかれらの住居はといえば、せいぜいのところ犬小屋のような、掘立小屋というようなもので、木小屋などへは住むものではない。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はたしてこの後をつけて、壺が作爺さんの家へまるところを見きわめたのが、日夜左膳の掘立小屋を見張っていた鼓の与吉だ。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しばかりしてあつたへからでもでもになるやら粟幹やらをめて、横手さな二掘立小屋てる計畫をした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
見れば此道路の最初の右側に、内地では見ることの出来ない異様なる掘立小屋がある。小屋の左右及び後背は林を倒して、二三段歩の平地が開かれて居る。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)