“柱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はしら80.0%
5.0%
ばしら3.3%
ちゅう2.5%
1.7%
ちゆう1.7%
マスト0.8%
ぱし0.8%
ぱしら0.8%
コウラム0.8%
コラウム0.8%
バシラ0.8%
ポトー0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよいよ、お妃さまがにしばりつけられました。火がはやくも赤いをチョロチョロさせて、お妃さまの着物をなめはじめました。
それは、たしかに、二女に共通したものがあるのだったが、鼓村師にはせなかった。安坐の上に乗せた箏に、をたてながら
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
逃げ、逃げて、治良右衛門は、場内一隅の小高き丘の上、大軽気球の繋留所へとかけ上り、繋留の前にスックと立った。
地獄風景 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
とたんに樹々の嫩葉も梢もびゅうびゅうと鳴って、一点暗黒となったかと思うまに、一巻雲が、はるか彼方の山陰をかすめて立ち昇った。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今の我に歌のありやを問ひますななき繊絃これ二十五
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
物靜かにつヽましく諸藝名譽のあるがに、のほまれは久方にもきて、はれてそでにち、つて玉音べばねをめてをやびけん
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「ところで、あの船室の前の白い尖端へ、御主人が燈火をお吊るしになったのは、度々のことではないですね?」
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「もう私は士族は駄目だという論だ。小諸ですこしのある奴は塾の正木ぐらいなものだ」
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「もし母さんが、僕を可愛くって食べちまうっていうんだったら、きっとに、りつくだろう」
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
無名戦士の墓——コングレスの下。一九二二年十一月十一日以来、昼夜とろとろと燃えつづけている火。脱帽。
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
四角だの馬乗りだの横断線だのだのだのと色んな専門的な細部や
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
と言ふのが、其である。いまだに、八本共に揃うてゐる。渡良の大島・渡良の神瀬・黒崎の唐人神の鼻・勝本の長島・諸津・瀬戸・八幡の鼻・久喜の岸と、八个処に在る訣である。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
マテュラン・レニエ(訳者注 十七世紀初めの風刺詩人)の頃には、この居酒屋はポ・トー・ローズ(薔薇の鉢)と号していて、判じ物がはやる頃だったから、薔薇色に塗ったを看板にしていた。