岩石の間がんせきのあいだ
懐古園の城門に近く、桑畠の石垣の側で、桜井先生は正木大尉に逢った。二人は塾の方で毎朝合せている顔を合せた。 大尉は塾の小使に雇ってある男を尋ね顔に、 「音はどうしましたろう」 「中棚の方でしょうよ」桜井先生が答えた。 中棚とはそこから数町ほ …
作品に特徴的な語句
おん はや やっと あから つな 尋常あたりまえ ぱし ゆす 寂寞さびしさ ふか 性来もとから ところ しょ くゆら うしろ 所有もちもの もうで ふや 不可いけない あた かが 服装なりふり 由緒いわれ 饒舌おしゃべり たもと おまけ はな 此頃このあいだ よそ つかま 背負おぶ 光景さま なつか いで 飛沫とばしり すみ きっ いかめ とっ ため おく 温順すなお 吾家おうち 附添つけた ほとり こわ せい あが なり 佇立たちどま せん 畢竟つまり 風俗ふう かご 心地こころもち かえ おとな まあ 清浄きれい 種々さまざま 年長うえ 寂寥さびしさ 矢張やっぱり 水槽みずぶね 嬰児あかんぼ 一片ひときれ こす かわ 暗記そら 最早もう こぞ 耶蘇やそ 松脂くすね 慰撫なだ だな 御廃おはい 強壮じょうぶ きたな はり にぎや 幼少おさな はま 山巓いただき 款待もてな 破損いた 母鶏おやどり きま 毎時いつも 周囲あたり 佇立たたず