“花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はな89.2%
ばな4.2%
3.5%
ハナ1.4%
もやう0.5%
ハナコ0.2%
くわ0.2%
はなや0.2%
ブルーメ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、東京奉公にくるときに、さんはなにをってやろうかとえました。二人れてしまわなければなりません。
赤いえり巻き (新字新仮名) / 小川未明(著)
神樂囃子踊屋臺町々山車、つくりもの、人形、いけ造花は、牡丹、つゝじ。いけは、あやめ、姫百合青楓
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
というよいだろう。べんがふかぶかとかさなりあい、べんのがべつのべんにうつって、ちょっとクリームえる。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
ト トブ コトノ デキナイ タチハ イフノデシタ。「オウマノ アカチヤンハ モウ オメメヲ アイタカ ミテ キテ チヨウダイ」
ウマヤノ ソバノ ナタネ (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
街道郷村児童年十五八九已上に柳の枝を取り皮を木刀彫成なし、皮を以刀上用火焼黒め皮を黒白のつ、名づけて荷花蘭蜜といふ。
晝間ネなれば田打櫻んで、それガラグワツグワツと田サ這入て、はゝゝゝゝゝ『婆のア、ホウイヤ、ホウ……、ア、アホウエヤ、ホウ……』
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
いでまして夕むかへむ御轍にさざんちりぬ里あたたかき
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
其障子には火影かに映り、三絃の乱れて狂ふ調子放歌の激して叫ぶ声、笑ふ声は雑然として起つて居るのである
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ドイツで薔薇をアドニスと呼ぶは、アドニス殺された折りヴェヌス嘆き男のから血一滴下るごとに女神の眼から涙一点落ち血は薔薇涙はアドニス花となった故とか
というのであるが、この福引の方が「鼠の顔とかけてなんと解く。臥竜梅と解く。その心はよりもが低い」
軍用鼠 (新字新仮名) / 海野十三(著)