空知川の岸辺そらちがわのきしべ
余が札幌に滞在したのは五日間である、僅に五日間ではあるが余は此間に北海道を愛するの情を幾倍したのである。 我国本土の中でも中国の如き、人口稠密の地に成長して山をも野をも人間の力で平げ尽したる光景を見慣れたる余にありては、東北の原野すら既に我 …
作品に特徴的な語句
こは いら 嗚咽むせぶ しげれ しづけ たゞち ゆく かへ かんば こゝのつ 分明わかり 長生のび おほ はなや おり 衣装ふくさう 仕込しこん 何処どちら 書籍しよもつ おほい 雨上あめあがり 話柄はなしがら いづ ねん めつ 水溜みづだまり 憎悪にくあし かゝ 黄葉きば もゆ よこぎ 岐路えだ 因縁いはれ 去来ゆきゝ 出発たつ あらそひ 何処いづく あかる わが じやう 暫時しばら 私語さゝやき 無人ぶじん 先達せんだつて 秋晴しうせい 多少いくら 幾干いくつ たひら 小止こやみ 如何どう 酒気しゆき まかせ つり 此方こつち いつ かく かぞ たふ 見分みわけ せん 乃公わし いかり 強力がうりよく 引立ひきたて 僅少わづか さだ へだて 何人なんびと 目星めぼしい すなは さわぎ みん たて それ ほつ 周囲まはり いし 最早もう 真紅しんく 一寸ちよつと 人寰じんくわん 物思ものおもひ 衝立つゝた ともしび 春雨しゆんう 人影じんえい 札幌さつぽろ 此辺このあたり 簇集ぞくしふ ながれ しん かしは 蕭条せうでう 薪木たきゞ 肌脱はだぬぎ