“争”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
あらそ51.5%
あらそい16.2%
いか12.3%
いさか10.8%
あらそひ2.3%
あら1.5%
イカデカ1.5%
いかで0.8%
あらが0.8%
あらさ0.8%
きそ0.8%
イカ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ると、生徒らは、って廊下からへとかけしました。そのとき、一は、先生教員室へいかれるったのです。
僕が大きくなるまで (新字新仮名) / 小川未明(著)
かんじんの娘がってからも土人達はをつづけました。そうして一人一人死んで行き遂々土人達は一人残らず滅びて行って了いました。
知る者にあらずでか料理通の言なりというべき就中小説のきは元来その種類さまざまありて辛酸甘苦いろいろなるを五味を愛憎する心を
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この何年か、毎日のようにくりかえしてきたいを、こんなところでまた巻きかえすのかと、阿曽はうんざりするより情けなくなった。
白雪姫 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
さうしてゐると、不思議なことに、家の人達の気持が和やかになつて、今まで何かがあつても、自然にとけてしまふといふわけです。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
今の世はりに体育論と智育論とのそいがあるけれどもそれは加減によるので、智育と体育と徳育の三つは蛋白質脂肪澱粉のように程や加減を測って配合しなければならん。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
近年随シテ乎稗史院本之泥中シテ姓名能脱スルコト窠窟、雖然彼李漁金人瑞之流亜文客、僧咍然トシテ笑而不
夜は山精木魅の出でて遊ぶを想はしむる、陰森凄幽の気をすに反してこの霽朗なる昼間の山容水態は、明媚かん、天色大気も塵境以外の感無くんばあらず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかもこのものに向って、おうと蓄えて来た胸の中のものなぞは、あまりに卑小な感じがして、今更に恥入るばかりであった。この儘に帰ろうか。それも本意ない。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
岩代の燧岳、越後の、八海山等皆巍然として天にし、利根水源たる大刀根岳は之と相拮抗して其高きをふ、越後岩代の地方に於てはしてを見ざるに
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
こんな詰まらぬ法螺談も、盗跖を以てを開くの例で、随分有益な参考になるというのは、昨今中央政府の遣り方の無鉄砲に倣い、府県うて無用の事業を起し、無用の官吏を置くに随い
而陸奥基衡ガ堂ノ額ナリケリト令聞給テ、デサル事有トテ、御厩舎人菊方ヲ御使ニテ、被召返ケリ。基衡雖秘計、不承引。遂ニ責取テ三ニ破テ帰参云々
奥州における御館藤原氏 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)