“日清戦争”の読み方と例文
旧字:日清戰爭
読み方割合
にっしんせんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしそれはごく近代のことであって、日清戦争以前の本来の日本人を生育して来た気候はだいたいにおいて温帯のそれであった。
日本人の自然観 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
現に日清戦争の時にも、種々のじて支那政府の採用を求めたる外国人ありしは、その頃の新聞紙に見えて世人の記憶するところならん。
かれは日清戦争に出征して牙山に敵の大将を銃剣でしたくだりを話すときにはその目が輝きその顔は昔のほこりにみちてのごとく赤くなるのであった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)