“西南戦争”の読み方と例文
読み方割合
せいなんせんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西南戦争の時敵に旗をられて以来、申し訳のために死のう死のうと思って、つい今日まで生きていたという意味の句を見た時、私は思わず指を折って
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
エジソンの蓄音機の発明が登録されたのは一八七七年でちょうど西南戦争の年であった。
蓄音機 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
またらに一歩をめてうれば、日本の内乱に際し外国干渉ありとせんには、王政維新の後に至りてもまた機会なきにあらず。その機会はすなわち明治十年の西南戦争なり。