“戦争”のいろいろな読み方と例文
旧字:戰爭
読み方割合
せんそう64.0%
いくさ33.7%
せんさう1.2%
たたかひ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戦争が、はじまって、純吉出征召集されたとき、父親は、ただ息子が、からだちにけをらぬことをじたのでした。
からす (新字新仮名) / 小川未明(著)
お前がその戦争の話を語るのが、上手だという事をお聞きになり、お前のその演奏をお聞きになりたいとの御所望である、であるから
耳無芳一の話 (新字新仮名) / 小泉八雲(著)
にまアどもの小牛等をむしられて、八重縦文字けられて、種疱瘡をされかれて、い事は一りではありません、れに私共先年戦争の時などは
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)