こころ
私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「 …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 神田かんだ 満更まんざら 足駄あしだ 長火鉢ながひばち いそ 近頃ちかごろ 背戸せど 詰問きつもん あと 日数ひかず 夜寒よさむ 芍薬しゃくやく 下卑げび 容赦ようしゃ 藁葺わらぶき 午頃ひるごろ 鞭撻べんたつ ざか 波瀾はらん 無躾ぶしつけ ぬか 美事みごと 檀家だんか 見覚みおぼ 反物たんもの わく 牢屋ろうや 途絶とだ 半襟はんえり 陳腐ちんぷ 稀薄きはく 縁日えんにち 成行なりゆ 苗字みょうじ 頓死とんし 八釜やかま 将棋しょうぎ 従妹いとこ 屈托くったく 気兼きがね 述懐じゅっかい 丹精たんせい 二言ふたこと 咀嚼そしゃく 面倒めんどう 手数てかず 鳶色とびいろ 年頃としごろ 端書はがき 仕来しきた 書翰しょかん 煎茶せんちゃ 生捕いけど おか 熾烈しれつ 厭世えんせい 一図いちず 愚図愚図ぐずぐず 椎茸しいたけ 胡魔化ごまか 麦藁帽むぎわらぼう 手蹟しゅせき 内々うちうち 猶更なおさら 口癖くちくせ 幽邃ゆうすい 意嚮いこう 畏怖いふ 唾液つばき 湯呑ゆのみ 日本橋にほんばし 畏敬いけい 神保町じんぼうちょう 騒々そうぞう 夜陰やいん 存外ぞんがい 枕辺まくらべ ふう 森閑しんかん はま 真平まっぴら 小石川こいしかわ 覚醒かくせい 鎌倉かまくら 緒口いとくち 見計みはか 途切とぎ 香炉こうろ 為替かわせ 瞑想めいそう 羽二重はぶたえ 後姿うしろすがた 見廻みまわ 他家たけ 何遍なんべん 手応てごた 持前もちまえ 猿股さるまた
題名が同じ作品
こころ (新字新仮名)今野大力 (著)