こころ
私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執っても心持は …
作品に特徴的な語句
あつ 焦燥はしゃ おやじ つら ゆっ はずれ 夜中よる あき 空虚がらんどう すっ うけ 判然はきはき きょく あっ 各自てんでん うわ つい がか 端緒いとくち 聖徒セーント ごころ がら うし はずみ もらい うま たっ はじ 渋面しゅうめん もと 整然きちり かい がしら しお いと うるおい 判然はっき 花瓶かへい づれ 退しりぞ 三日さんち おん つら 周囲ぐるり はね しも うご しっ 明白あから たた ちっ いち 内々うちうち いで はた おと 出京しゅっきょう 出入でい さかさ 機会はずみ 判然はんぜん 水注みずさし いきお へん 目眩めまぐ むき 囈語うわこと よそ たし なす あや 今日こんち 言伝いいつた 片眼めっかち きょう せい くら 継母けいぼ はず おく 居合いあわ もえ 空地すきま
題名が同じ作品
こころ (新字新仮名)今野大力 (著)