瘠我慢の説やせがまんのせつ04 瘠我慢の説に対する評論について04 やせがまんのせつにたいするひょうろんについて
一月一日の時事新報に瘠我慢の説を公にするや、同十三日の国民新聞にこれに対する評論を掲げたり。先生その大意を人より聞き余に謂て曰く、兼てより幕末外交の顛末を記載せんとして志を果さず、今評論の誤謬を正す為めその一端を語る可しとて、当時の事情を説 …
作品に特徴的な語句
いずれ はん 申出もうしいだ たん がえ みず しるす ゆき 此方このほう きょう かい しも あら ろう 交際こうさい 表面ひょうめん ただち あきらか くわだて いだ いず かん いずれ おこな だん とど つまびら こころ 東下とうか しょう 最初さいしょ ふるっ さい うれい 真実しんじつ 憂慮ゆうりょ 計画けいかく はから 便乗ぴんじょう あた きび つう たくまし こう 功徳こうとく はい おのず おもい 軽々けいけい しん いっ 聞入ききい 差出さしいだ しこう きょく うれい はば てき えら いだ 成立せいりつ あるい 戯言ぎげん こう ゆる つい ほっ 機会きかい 標準ひょうじゅん だい 材料ざいりょう ひょう さん げん 盲目もうもく あい しん くわだ したがっ けっ 着手ちゃくしゅ ひと 流行りゅうこう みと 鎮圧ちんあつ はかりごと こと
題名が同じ作品
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名)石河幹明 (著)
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名)福沢諭吉 (著)
瘠我慢の説:03 書簡 (新字新仮名)榎本武揚 勝海舟 福沢諭吉 (著)
瘠我慢の説:05 福沢先生を憶う (新字新仮名)木村芥舟 (著)