瘠我慢の説やせがまんのせつ02 瘠我慢の説02 やせがまんのせつ
立国は私なり、公に非ざるなり。地球面の人類、その数億のみならず、山海天然の境界に隔てられて、各処に群を成し各処に相分るるは止むを得ずといえども、各処におのおの衣食の富源あれば、これによりて生活を遂ぐべし。また或は各地の固有に有余不足あらんに …
作品に特徴的な語句
退しりぞい みとむ おさむ おっ たたい さっ ちょう しゅう あり むなし おわり わかち きょく 一片いっぺんの むかっ はっ みず なむ あい もうく おさむ みん いただい いず しょく かん 無事ぷじ だっ ほう うかがい げん ふく ひん おも 往古おうこ かん あきらか ことさ よく ひそか すく きょ 東下とうか こころ むくい 同行どうこう したがっ 同胞どうほう 有余ゆうよ おなじ とど 境界きょうかい きい だん はい わが はい たまた そこな まぬ しん まっと かか 失敗しっぱい げん とら なんな わが よっ こう いわ しり 功徳こうとく せむ こく 病苦びょうく いただき ぶん あた あま もく あい つか 眼前がんぜん しこう 事故じこ がい きわ
題名が同じ作品
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名)石河幹明 (著)
瘠我慢の説:03 書簡 (新字新仮名)榎本武揚 勝海舟 福沢諭吉 (著)
瘠我慢の説:05 福沢先生を憶う (新字新仮名)木村芥舟 (著)