瘠我慢の説やせがまんのせつ02 瘠我慢の説02 やせがまんのせつ
立国は私なり、公に非ざるなり。地球面の人類、その数億のみならず、山海天然の境界に隔てられて、各処に群を成し各処に相分るるは止むを得ずといえども、各処におのおの衣食の富源あれば、これによりて生活を遂ぐべ …
作品に特徴的な語句
覚悟かくご 始末しまつ 諸共もろとも 是等これら 手柄てがら 下界げかい 不足ふそく 未曾有みぞう 討死うちじに 窮屈きゅうくつ 本文ほんもん 瓦解がかい つと 所望しょもう 干戈かんか 無事ぷじ 糾合きゅうごう 古今ここん 経綸けいりん 見計みはか 成敗せいはい 折柄おりから 苛酷かこく 擯斥ひんせき 三河みかわ 得々とくとく 一朝いっちょう なら 生霊いきりょう 君子くんし 籠城ろうじょう 不愉快ふゆかい ゆず あらた 富貴ふうき 我輩わがはい 旗下きか 天然てんねん 快楽かいらく 万事ばんじ つく 慙愧ざんき 枚挙まいきょ 目出度めでた 無益むえき 名利みょうり 無稽むけい 進退しんたい 体裁ていさい 騒擾そうじょう 吾身わがみ 時勢じせい 遁辞とんじ 臨終りんじゅう 児戯じぎ 吾妻あずま 痛痒つうよう 由縁ゆえん 昆虫こんちゅう 一毫いちごう はりつけ 糊口ここう 辛苦しんく 出家しゅっけ 殺人さつじん 維新いしん こう ちゅう 軽々けいけい 口碑こうひ 降参こうさん 夜雨やう 寵遇ちょうぐう 感服かんぷく 苦辛くしん 変遷へんせん おか せめ かき 謹慎きんしん 失望しつぼう 石碑せきひ 周旋しゅうせん 奇禍きか かん 利益りえき 白耳義ベルギー 惨状さんじょう ひそか 立身りっしん 鉄槌てっつい 功名こうみょう 総督そうとく 項羽こうう うつ 瞞着まんちゃく
題名が同じ作品
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名)石河幹明 (著)
瘠我慢の説:03 書簡 (新字新仮名)榎本武揚 勝海舟 福沢諭吉 (著)
瘠我慢の説:05 福沢先生を憶う (新字新仮名)木村芥舟 (著)