瘠我慢の説やせがまんのせつ05 福沢先生を憶う05 ふくざわせんせいをおもう
左の一篇は木村芥舟翁の稿に係り、時事新報に掲載したるものなり。その文中、瘠我慢の説に関係するものあるを以て、ここに附記す。 福沢先生を憶う 木村芥舟 明治三十四年一月廿五日、予、先生を三田の邸に訪いしは、午後一時頃なり。例の通り奥の一間にて …
作品に特徴的な語句
わた きたっ あり かたじけの みず むかっ すぐ しい こう づつみ もらっ つか かたわ わずらわ かわ おもき しば 帰途きと もちう この きょ 交際こうさい きもの ふく いえ かたわら よく 洋中ようちゅう たち ほとり 黄昏こうこん 一条いちじょう こころ きょ がえ 良家りょうか 憂慮ゆうりょ みず きゅう おなじ だん 風体ふうたい さい しこう しん よう まぬ いり つぶ いで ふたた むかい かろ きわ ゆる 帰邸きてい 身上しんじょう ひそ じょ つね つかわ 跣足せんそく しるす こく れつ 起源きげん 出入しゅつにゅう けん おもい うれい 焼捨やきすて かすむ じゅく しき 飲食いんしょく もと いたっ 大笑たいしょう 疲労ひろう ともな おのず あい 一箇いっこ 謝絶しゃぜつ 一度ひとた ただ 筆記ひっき およそ
題名が同じ作品
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名)石河幹明 (著)
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名)福沢諭吉 (著)
瘠我慢の説:03 書簡 (新字新仮名)榎本武揚 勝海舟 福沢諭吉 (著)