“起源”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おこり25.0%
きげん25.0%
オリジン25.0%
オリヂン25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“起源”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其の頃の落首らくしゅに「本所ほんじょうに過ぎたるものが二つあり津軽大名炭屋鹽原」と歌にまでうたわれまして、十万石のお大名様と一緒にたとえられます位になる其の起源おこりは、わずかの端銭はしたぜにから取立てまして、五代目まで続きました。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
日本海軍の起源きげんは、安政初年のころより長崎にて阿蘭人オランダじんつたうるところにして、伝習でんしゅうおよそ六七年
「——わたしの見ますところでは、海底超人の起源オリジンは……」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「海底超人の起源オリジンについて、ただいま、いくたの興味ある御説をうかがいましたが、わたしといたしましては、さきにパリ大学においてのべましたとおり、アトランティス大陸の生物が約四千年近くの間、海面下において棲息せいそくをつづけ、そして、今日わが人類と交渉を持つようになったのであると考えています」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
起源オリヂンを外面のあるものに發し、經過の方向を外面のあるものより來る暗示によつて規定される行動は總て模倣である。
三太郎の日記 第一 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)