“幕議”の読み方と例文
読み方割合
ばくぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松の内が過ぎると、「赤穂浪人御処置」の問題は、俄然幕議にも輿論にも再燃して来て、世人は又、助命論と、断罪論のふたつに分れて、論争に熱してきた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本海軍の起源は、安政初年のより長崎にて阿蘭人うるところにして、伝習およそ六七年、学生の伎倆したるにき、幕議遠洋の渡航をんとて軍艦咸臨丸艤装
日本の軍艦もサンフランシスコまで航海とう云うけで幕議一決、艦長は時の軍艦奉行木村摂津守、これに随従する指揮官は勝麟太郎、運用方は佐々倉桐太郎浜口興右衛門鈴藤勇次郎
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)