“幕下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばっか76.5%
ばくか11.8%
はたもと5.9%
ばつか5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくて、民の平和をながめたうえで、伊那丸をはじめ幕下の人々、一千の軍兵、おもいおもいにをかまえ、はじめて朝の兵糧をとった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち将軍は幕下の彼が為め死後の名を石に書き、彼は恩人の為に生前の断片的記伝を紙の上に立てたである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
やっぱり幕下で、今時指折りの剣術遣いの一人で、そいつの内弟子の小林という奴、前にも相当の代物であった、こいつも、いよいよ勝の馬鹿親爺の弟子となったと見えるな、しかし
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
原田氏星亨氏幕下雄將で、關東ける壯士大親分である。嶺村草分舊家であるが、政事熱大分けたといふ豪傑